ホーム / スクール建築ヒストリー

2007年12月にホーム・スクールができる以前は…

ラカイ県・サマニャの丘

サマニャの外観

左の建物を、教育施設として使用。当時は、3〜9歳の困難な環境の子どもがここに不定期にやってきて、学んでいました。とはいえ、カリキュラムはなく、地域の方がボランティアで、簡単な読み書きを教えていました。

子どもたちが床に座って、このように学んでいました。

建て直しの必要性

この建物の中には、床はなく、土にワラが敷かれいるだけでした。

子ども達が不定期にやってきます。1日に1度、昼食のポレッジ(おかゆのようなもの)を1杯飲んだり、他にバナナ1本や豆スープなどを食べることのできる日も。

日本から送った文房具を受け取る子ども達

バスタイム

低年齢の子どもは、リーダーのセンキマさんが 汲んできたお水で体を洗います。

サマニャの浴場

水道はなく、1〜2時間かけて 水を汲んできて、体を洗います。

サマニャのトイレ

深さが2-3メートルしかなく、汚物が上部まで溜まると、埋めて別の場所にトイレを掘っている悪状況でした。

水汲みする子供

子どもが自然にできた水溜まりから、水を汲んでいます。

2004年から 現地の状況を少しでも把握できるよう調査を続け、2007年12月、このラカイ県のサマニャの丘 に、MUKWANOホーム・スクールを建設しました。

MUKWANOができた経緯はこちら

工事の流れ

  1. 基礎工事準備 (2007.5.24)
  2. 壁作り (2007.6.1)
  3. 順調にすすんでます (2007.6.15)
  4. 第二期工事 (2007.8.9)
  5. 外壁 (2007.8.22)
  6. 第三期工事〈窓・ドア〉 (2007.9.28)
  7. 内壁工事 (2007.10.21)
  8. ほぼ完成! (2007.11.17)
  9. 竣工式にあたって (2007.12.26)

「ホーム / スクール建築ヒストリー」一覧へ戻る