ホーム / スクール建築ヒストリー

家具ができるまで

家具ができるまで

1. 木材の表面にかんなをかけることから始まる。数人でのんびりとかんながけ。

アフリカンタイム、すべてがのんびりと進む。 

家具ができるまで

2. 1週間以上かんなをかけ続け、やっと形が見え始めた。職人達の人数も増え始め、1セットずつ出来上がってくる。

実際に座ってみて、寸法を確かめる。

家具ができるまで

3. 小さな工房には収納しきれず、どんどん外に置かれていく。なんとか70セットが完成しそう。

職人たちも「子どもたちのために」と必死に頑張る。

家具ができるまで

4. 塗装をした後、丘の下の工房からMUKWANOホームへと運ぶ。

これがウガンダ式運び方。

家具ができるまで

5. みんなで手伝って、教室に配置していく。重いけれど、女の子たちも笑顔で嬉しそう。

家具ができるまで

6. 新しい机での勉強。子どもたちの目は真剣そのもの。教室がやっと教室らしくなった。

新学期からはみんなが思う存分勉強できると、先生たちも嬉しそう。

家具ができるまで

7. 今学期のノートも購入させていただきました。

家具ができるまで

~ 川井郁子さん、向井亜紀さんからの色紙~ 
色紙を囲んで。
「日本のみんなにありがとうと伝えてください」。

新しい机とイスに囲まれて、空っぽだった教室が子どもたちの笑顔と共にぱっと明るくなった。

  1. 水タンクができるまで
  2. 家具ができるまで

「ホーム / スクール建築ヒストリー」一覧へ戻る