ホーム / スクール建築ヒストリー

水タンクができるまで

水タンクができるまで

1. 基礎をつくるため穴を掘ることからはじめる。

子どもの一人が手伝いはじめると「僕も、私も」と子どもたちが集まる。

水タンクができるまで

2. 水タンクの大きさを決め、エンジニアが積極的に指示を出し調整していく。

水タンクができるまで

3. 石を砕いて、その上にワイヤーをつなぎ合わせて張る。

すべて手作業で、材料も丘の下から毎回運ばなければならないため、作業が中断することもしばしば。

水タンクができるまで

4. 工事が始まって約1週間。基礎にセメントを流し込み、形が見え始める。サマニャの丘には飲み水すらない状況。

セメントをつくる水など当然ないので、何キロも離れた湖から工事用の水を運ぶ。

水タンクができるまで

5. ワイヤーの周りに白い布をはり、着々と工事が進んでいく。

水タンクができるまで

6. ホームの教室の横で、労働者や子どもたちがセメントをつくり、エンジニアがセメントを塗っていく。

水タンクができるまで

7. 完成間近。教室、スタッフルームの屋根に雨樋を取り付ける。

効率よく水タンクに雨水が溜まるよう話し合いながら工事が進む。

水タンクができるまで

8. 「Mother Hand Concert 2008」の文字を丁寧に刻む。

水タンクができるまで

9. 完成。完成と同時に何ヶ月ぶりかの大雨が降りだす。まさに恵みの雨。

  1. 水タンクができるまで
  2. 家具ができるまで

「ホーム / スクール建築ヒストリー」一覧へ戻る